ログインできない?「持続化給付金」の支給条件、申請方法

スポンサードリンク

こんにちは。ナカシマケンタです。

今回のコロナ禍により無傷でいられる事業者さんはいらっしゃらないと思います。

私は事業会社経営のかたわら、中小企業診断士として事業者さんの支援に回ることもあり、今回の緊急事態に際して「使えるものは使い倒して生き延びよう」のスタンスで実務も支援も行なっております。

今回は事業者さんが使える施策についての情報提供をさせて頂きます。
目の前の危機を捌いていくのにお忙しく、情報をキャッチアップできないという事業者さんのお役に立てれば幸いです。

返済不要の「持続化給付金」

本日4月27日に申請方法が少しだけ具体的になりました「持続化給付金」のご案内です。
さまざまなコロナ対策施策は出ていますが、現金給付という事で比較的インパクトがある施策だと思います。

売上が前年比で半減した事業者に返さなくて良い給付金が支給される制度です。
給付額は個人事業者に100万円、法人に200万円。いずれも返済不要。
この制度は売上が前年比50%以下になっている事が条件です。

下記内容は「速報版」ですが大体の制度設計と申請方法が分かります。
今の国会での補正予算の審議が終わると正式な発表があるはずです。

(2020/5/1追記)補正予算が通り、申請サイトが発表されました。
▽持続化給付金申請要特設サイト
https://www.jizokuka-kyufu.jp

ログインできない時に試してみたいこと(5/1追記)

上記の申請特設サイトですが、予想通り申込が殺到していてログインできないと話題です。
5月1日の18時現在でおよそ10万件の受付になっています。

ログインできない時に試してみたい事をお伝えしておきます。

仮登録画面からIDとパスワードを設定して次の画面に進み、先ほど設定したIDとパスワードを入れてエラーになるケースが多発しています。

私はIDとパスワードの文字列に条件があるような感じがします。
(条件があるけどユーザーに分かりにくい設計になっている)

1、再挑戦する時はメールに添付されている仮登録リンクから試してみてください。
2、IDもパスワードも英数小文字、英数大文字、数字、記号を含む文字列に設定してみてください。
3、特にパスワードはブラウザの機能で生成、保存される複雑な文字列の物にしてみてください。

サーバーダウンという話もありますが、システム上の問題も大きいように思います。

仮説の話で申し訳ありませんが、早く申請しないと気持ちが落ち着かない!という方はお試しください。
殺到している初日を過ぎれば落ち着くかもしれませんね。

給付の条件は?

2019年1月から12月の間のいずれかの月売上高を比較対象にして、前年度比50%以下の月がひと月でもあれば要件に当てはまります。

例えば2019年4月の売上が500万円だったが、今年は250万円以下だった、という場合要件に当てはまります。

2019年の確定申告書類と、今の売上台帳を比較して条件に当てはまるかチェックします。

申請方法は?

申請はWEBサイトから行います。
まだ申請先URLなどは発表されていませんので分かり次第更新します。

(2020/5/1追記)申請サイトが発表されました。
▽持続化給付金申請要特設サイト
https://www.jizokuka-kyufu.jp

なお、以下の書類を用意しておいてください。
スマホで撮影して送信するスタイルのようです。

(2020/5/1追記)
スマホの撮影画像でも大丈夫ですが、各書類はJPGかPDFファイルであることが求められます。
異なる拡張子の場合変換が必要ですし、複数のファイルを結合して1つのPDFファイルにしないといけないケースもあります。
各帳票は事前にスキャンしてPDF化しておく事をおすすめします。

用意しておく書類
・2019年の確定申告書類の控え
・売上減少となった月の売上台帳の写し
・身分証明書の写し(個人事業者の場合)

政府としてはスピーディーな対応が重要だと考えていると思いますが、申請が殺到すると思われますので、着金のタイミングは遅れると考えて良いと思います。
余裕を持った資金繰りを検討していきたい所です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク